FC2ブログ

お弁当皆勤賞

子供が保育園までは、夏休みの存在を知ることはないのですが、小学生になると、

やった〜!!夏休みだ〜!!

ということが起こります。

そうだよね、私も子供の頃、とーーっても楽しみにしていました。

夏休みになったのに、なんでいつも通りの時間に、学童さんへ行くの?
僕の夏休みは??

ということになってしまうのです。

結構、心苦しかったりします。



そしてこの期間は、給食がないので、毎朝頑張ってお弁当を作ります。

ぼくちんの学童は、コンビニ弁当も可ということになったので(以前は禁止だったらしいです。)、コンビニ弁当でもよいのですが、子供達の中で、
コンビニ弁当は負け組
という、親泣かせなお子様事情がありまして、手作りでないと嫌がるんです。

お昼に顔を出したら、女の子なんて、

「これ、ママの味」(普通のノリ弁w)
って嬉しそうにしていたり、

「私、今日は、買って来たお弁当なの」(そこのパン屋、有名だよ。)
とテンション下がっている子もいたり、

これは、毎日、コンビニ弁当って訳にはいかないなという雰囲気


まぁ、今年は育児休暇中なので、そんなに自慢できないかもしれませんが、でも、しちゃうっ!

明日を乗り越えれば、夏休みのお弁当、皆勤賞です

こりゃ、自分にご褒美だ!!
スポンサーサイト



派遣型病児保育

各大学・各病院、色々な育児支援体制が整いつつあると思うのですが、今年登録させていただいたのが、医科歯科の女性研究者支援室がやっている派遣型病児保育のモニター。

先日、モニターシートを提出しました。

これは、病気になった時に、ポピンズのベビーシッターさんを利用できるサービスです。

入会金は医科歯科持ちで、利用料は登録者持ちとなっています。

利用すると一日のお給料は飛んでしまいますが、子供が育つのにお金がかかるのは仕方のないことですね。

欲を言えば、もう少しお安くなればな。とは思いますが。

長男の時から7年経ったのですが、長男のときは、病児や病後時の保育というのが殆どありませんでした。
数年たって、病後時保育が普通に存在するようになり、そして現在は病児保育までできたことに驚いています。

また、当たり前ですが、これを利用するにあたっては、まず病院に受診してからとなるので、これがあるからといって仕事に全く支障がでないというわけではないです。
病院に連れて行く時間は必要になります。

子供が高熱でフーフー言っているのに、病院にも行かずシッターさんにおまかせ状態は、気持ち的にも人道的にもできませんが。

こうして子育てを支援する体制が整ってきていること、本当に嬉しく思います。

麻酔科へようこそ

管理人からのメッセージ

子育てをしながら働くことや、うちの楽しい医局の雰囲気をお伝えできればと思います。
このブログを読んで、一緒に働きたい!という麻酔科医、お待ちしています。
アドバイスもおねがいします♪

麻女っこママさん

Author:麻女っこママさん

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

妊娠・出産・育児グッズ

こんなのが欲しかった!というのが必ず見つかります。
ベルメゾンネット たまひよSHOP

お勧めの教科書

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード