FC2ブログ

病児保育

今年も、当院の派遣型病児保育事業の利用者に採択していただくことができました。

数日前からKoが熱を出していて、今日はたまたま対応してくださる方がいたので何とか出勤することができました。

明日は、午後からしかシッターさんが見つからなくて、幸い今日は微熱程度まで下がったので、保育園に行けるといいのですが。食事を食べてくれたらいいのですが。

まだ、手続きが完了していないので、明日はこの保育事業を利用できませんが、今後、本当に心強い味方です。

今年は、昨年と違って、随分と利用しやすい業者さんになりました。

たとえば、感染症でも対応してもらえます。

当日朝9時の電話受付開始後から支援者さんを探すことにはなりますが、支援者さんがいらっしゃれば当日対応もしてもらえるようです。

入会金だけでなく、利用料の一部も、大学で負担して頂けるようになりました。


でも、何が何でも預けるのではなくて、やはり預けてもよいと思えるだけの病状でないと難しいように思います。

Koは、9か月の時に呼吸停止とそれに続き循環停止と思われるところまでいき(脈を確認する余裕がなかったです。)、自宅で無我夢中でCPRをしました。

先日は、熱性痙攣も経験しました。

もし、他の人に預けている状況でと考えると、怖くなります。

熱性痙攣で救急車で病院に行った後、遅れて出勤していたのですが、誰に預かってもらったのやら、忙しすぎて記憶にも残っていないです。

この時も、もう働けないかもと思った瞬間だったような気がします。

それでも、また元気な日々は楽しく働いているんですよね。


どんどん丈夫になっていくし、元気な日の方が多いのだからと、みなさんのご協力を得ながら、自分の気持ちのバランスをとっている毎日です。

スポンサーサイト



麻酔科へようこそ

管理人からのメッセージ

子育てをしながら働くことや、うちの楽しい医局の雰囲気をお伝えできればと思います。
このブログを読んで、一緒に働きたい!という麻酔科医、お待ちしています。
アドバイスもおねがいします♪

麻女っこママさん

Author:麻女っこママさん

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

妊娠・出産・育児グッズ

こんなのが欲しかった!というのが必ず見つかります。
ベルメゾンネット たまひよSHOP

お勧めの教科書

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード