FC2ブログ

緊急母体搬送

いよいよ、今回のメインイベントだった緊急母体搬送

台風が関東を直撃した日、わたしにも大打撃が直撃していました。

マグセントでも陣発を抑えきれない・・・。

この時点で、まだ、26週。推定体重900gくらい。

生存できる週数だけれども、NICUがないここで産むわけにはいかないということで、周産期センターへ緊急母体搬送が決定しました。
現在、NICUを作っているらしい。

決まってから、色々と早い!早い!

今日から数日以内に分娩となる可能性が高いということで、胎児の肺成熟を促すためのステロイド注射を打って・・・

5mlも筋注するので、どんなに痛いかと思って、一番筋肉が多そうなお尻にしてもらっちゃったわ

もう恥ずかしいも何もないって感じ。
これ、全然痛くないの。

二回目は周産期センターで腕に打ったけど、やっぱり痛くなかった。
用量じゃなくて、pHで痛むのかしら??


そして、わたしを恐怖に陥れた一言・・・

「いまからは、何も飲んだり食べたりしないでください。」

これって、緊急手術が視野に入っているってこと?だよね??

そりゃ~、緊急母体搬送されるっていう時点で当たり前なんだけど、なんだか現実味を帯びる一言。

ブルブル 怖いよ~。

麻酔科をやっていると、緊急手術が午前に決まっていたのに、患者さんが入室したら絶飲食されてなくて、「ちゃんと指示出ししてよね!」ということが、ごくたまにある。

麻酔科の先生が困っちゃうから、のどが乾いていたけど、がまん、がまん!


教授に、搬送されることになりました~と電話すると

大丈夫だから、安心して、行ってこ~い!!

と温かい一言をいただき、どんなに励まされたことか!!

もう、おとうさ~ん!!って感じでしたよ。

医局長も見送りに来てくれて、麻酔科ってなんてあったかいんだろうって感激しちゃった  
ねっ、ねっ、うちの麻酔科素敵でしょ

あっという間に、救急隊の方々が到着して、ストレッチャーに乗せられ、師長さんや助産師さん、産科の先生方に見送られて、医科歯科をあとにしました。

周産期センターって、どんなところなんだろう??

忙しい病院だろうから、スタッフがすっごい怖かったら、嫌だな・・・。

帝王切開、怖いな。ちゃんと、T4くらいまで効かせてくれるかな??

今更ながらですが、患者さんって、とてもとてもいっぱいの不安の中で手術室に来るんですね。

コメント

Secret

麻酔科へようこそ

管理人からのメッセージ

子育てをしながら働くことや、うちの楽しい医局の雰囲気をお伝えできればと思います。
このブログを読んで、一緒に働きたい!という麻酔科医、お待ちしています。
アドバイスもおねがいします♪

麻女っこママさん

Author:麻女っこママさん

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

妊娠・出産・育児グッズ

こんなのが欲しかった!というのが必ず見つかります。
ベルメゾンネット たまひよSHOP

お勧めの教科書

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード